Invisible Cities

Recent Posts

Invisible Cities

街路は何も無い場所には存在し得ない。すなわち周囲の環境とは切り離すことができないのである。言い換えるなら、街路はそこに建ち並ぶ建物の同伴者にほかならない。街路は母体である。都市の部屋であり、豊かな土壌であり、また養育の場でもある。そしてその生存能力は、人びとのヒューマニティーに依存しているのとおなじくらい周囲の建築にも依存している。
(人間のための街路/バーナード・ルドフスキー著、平良敬一・岡野一宇=訳/鹿島出版会、1973、P15)

これら(「場」)の輪郭が描き出す個別性は、モニュメントや都市、構築物のそれであり、従って個別性の観念とその境界線、つまりその個別性の始まりと終わりである。それが描き出すのは建築と場所との関係であり、芸術の場である。従ってまた、それは特異な人工的創成物としての場所の観念及びその正確な様相そのものであり、それを決定づけているのは空間であり時間であり、その地理的規模であり形態であり、その場所の歴史の新旧であり、その記憶である。
(都市の建築/アルド・ロッシ著、大島哲蔵・福田晴虔=訳/大龍堂書店、1991、P166)

It [The street] cannot exist in a vacuum; it is inseparable from its environment. In other words, it is no better than the company of houses it keeps. The street is the matrix: urban chamber, fertile soil, and breeding ground. Its viability depends as much on the right kind of architecture as on the right kind of humanity
(Bernard Rudofsky, Street for People : A Primer for Americans, Anchor Press / Doubleday, 1969, P20)

These [locus] outlines delineate the singularity of monuments, of the city, and of buildings, and thus the concept of singularity itself and its limits, where it begins and ends. They trace the relation of architecture to its location — the place of art — and thereby its connections to, and the precise articulation of, the locus itself as a singular artifact determined by its space and time, by its topographical dimensions and its form, by its being the seat of succession of ancient and recent events, by its memory.
(Aldo Rossi, Architecture of the City, The MIT Press, 1984, P107)

Continue reading

  1. Shin-Nakamise Shopping Street Leave a reply
  2. Maruishi Building Leave a reply
  3. Facade and Street Leave a reply
  4. East Core Hikifune Leave a reply
  5. Shibuya 109 Leave a reply
  6. Gakushi Kaikan Leave a reply
  7. Sukiyabashi street intersection Leave a reply
  8. Former Santomo Street Leave a reply
  9. Sendai Mediatheque Leave a reply
  10. Tobu Asakusa Station Leave a reply