Kazuya Urakawa について

写真家/一級建築士。札幌出身、東京在住。大阪市立大学建築学科で建築史を専攻し、卒業後は建築設計とまちづくりに従事。都市と建築の魅力を広く伝えたいとの思いから、2002年にCittà Materiaを立ち上げ、2005年から本格的に写真に取り組み始める。写真製作のテーマは「都市と建築」「場所の記憶」「都市の一回性」。

浦川和也写真展 「Reconstructed」開催のお知らせ

新型コロナウイルスが猛威をふるっておりますが、4月3日から25日の会期で、中野のギャラリー冬青で個展をさせて頂くことになりました。

展示開催に合わせまして、
 4月3日:アーティスト北桂樹さんとのオープニングトーク
 4月15日:作家の頭の中見せます ~本棚が語る、作家の素顔~
 4月24日:クロージングパーティー
を開催いたします。
こちらもぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。

イベント参加をご希望される方は、
gallery@tosei-sha.jpまでご連絡ください。
メールには「参加ご希望のイベント」「お名前」「人数」「お電話番号」をご明記いただけますと幸いです。

なおイベント開催日と土曜日は在廊する予定です。
ご来場お待ちしております。

《開催概要》
 浦川 和也 写真展「Reconstructed」

 会場:ギャラリー冬青
    〒164-0011 東京都中野区中央5-18-20
    TEL:03-3380-7123(代)
    地下鉄丸の内線 新中野駅1番出口より徒歩6分
    JR中央線・地下鉄東西線 中野駅南口より徒歩12分
 会期:4月3日〜4月25日
   (日曜日、月曜日、祝日は休廊)
 開廊時間:11:00〜19:00
 URL: http://www.tosei-sha.jp/TOSEI-NEW-HP/html/EXHIBITIONS/j_2004_urakawa.html

【イベント】
①浦川和也×北桂樹オープニングトーク
・日 時:2020年4月3日19:00~
※ 開催方法をZoomミーティングによるオンライン配信に変更しました。
  参加をご希望の方は、以下のリンクからアクセスしてください。
   https://us04web.zoom.us/j/311603521
   ミーティングID: 311 603 521
   (2020/4/1追記)

②作家の頭の中見せます ~本棚が語る、作家の素顔~
同じ本を持っているひとは世界中に何人もいるけれど、「本棚」は持ち主の数だけある唯一無二の世界。きっと、そこには持ち主の思考を育んだ文脈が垣間見ることができるはず。

という考えのもと、ギャラリー冬青で展示中の作家が、一夜限り自宅の本棚の一部をギャラリーの片隅に再現し、参加者のみなさまには、それらの本を自由に閲覧していただきます。

なぜその本が作家の本棚にあるのか、そうした本が作品とどのように繋がっているのか、などなど思いを馳せながら、作家、そして参加者同士が、本を介して写真やアートについて語り合う時間をお過ごしいただく自由な会です。

・日 時:2020年4月15日19:00~
・参加費:無料
・定 員:10名(予約制)

③クロージングパーティー
・日 時:2020年4月24日19:00~
・参加費:無料

Tokyo Perspective

<!–more–>

2017/12/15 おかげさまで50部完売いたしました。

東京の写真ギャラリーReminders Photography Strongholdで開催されたワークショップ PHOTOBOOK AS OBJECT に参加して制作していたアーティストブックの販売を開始しました。
PHOTOBOOK AS OBJECTワークショプでは、本以上の存在感がある作品、内容が触知でき、理解を更に深める事を可能にする本作りを目指し、期間中に最初のダミーができてから終了後も本の中で何が出来るのか問い続けながらダミーを作り続けることによって、最も自分が作りたかった本に近づけていきます。最終的に完成した本書は、印刷から製本まで全ての工程が作家自身の手で制作されるアーティストブックになります。

続きを読む