5 thoughts on “整然・混沌

  1. どうなってるんだろ?
    薄い布か?水面?
    不思議です キレイです

  2. こういったダブルイメージのはやっぱり通り過ぎるわけにはまいりません。
    ソリッドにグリッド分けされたヴォリュームに対して、
    セル(細胞)のように整った水の向こうの平面。
    そう読むとタイトルの「整然・混沌」は入れ子に感じられます。

  3. >荒蔵さん
    こんばんは。先日はありがとうございました。
    この写真の種明かしはお伝えしたとおりです。
    あえてここには書かないでおきますね。
    実は、結構身の回りにあるものですよ(^^
    >おと吉さん
    ご無沙汰しております。
    ヴォリュームに重ねられた水の向こうの平面、
    大きさも色もバラバラで規則性もなくピントも外しているので、
    「混沌」とした感じを持ったのですが、
    たしかに「細胞」のように整ってるとも見れますね。
    一方でこのヴォリューム、高さ100mのオフィスビルですが、
    これだけの規模の建築の中身というのは、
    その整然とした外観とは正反対に「混沌」そのものです。
    正反対のイメージを重ね合わせたつもりが、
    実はそうではなかったのかもしれませんね。

  4. かつて、この近くで働いており
    よく出向いたので馴染みある風景です。
    過去に感じていた、この界隈の印象と
    色味も含め、とてもダブる写真です。
    それにしても、qazさんとは行動範囲が似ています(笑)

  5. ボコさん、こんばんは。
    この写真は勤め先のすぐそばです。
    この辺りは都心ど真ん中なのに意外と静かで、
    ちょっと変わった場所ですよね。
    行動範囲が似てるとのこと。
    案外、知らぬ間にすれ違ってるかもしれませんね(^^

コメントは停止中です。