2 thoughts on “灯り07

  1. 何故だかこの一枚が気になりました。テクスト、マテリアル、テクスチャーなどなどがとても「交錯の都市」な感じがしたからかも。

  2. 確かにここは「交錯の都市」かも知れません。
    東向島は、かつては玉の井と呼ばれた私娼街で、
    その面影は残された建物に若干見られますが、
    現在は東京23区内でありながら閉まりっぱなしのシャッターが目立つ商店街。
    家並み越しに見えるスカイツリー。
    時間的にも空間的にも「交錯」ですね。
    その「交錯」が、この街の魅力なんだと思います。

コメントは停止中です。